ニュースレタ ー: 2009年12月

M&A月報No.150 「タイ王国 VS カンボジア」 一時、国王陛下の健康不安説が流れ、人々を大変心配させ、且つ株価も下落する局面を見たが、嬉しい事にこれは誤報であり、チャオプラヤ川で行われたロイカトーンのお祭りに、お元気な姿で式典に参加となり、人々を安堵させた。

ニュースレタ ー: 2009年11月

M&A月報No.149 「国王陛下健康不安に関する風説の流布騒動とドタバタアピシット首相」 未だ迷走を続ける警察庁長官人事であるが、アピシット首相は自身が長官に推しているパティープ氏を長官代理に任命した。それに対し、対抗馬のチュンポーン氏を長官代理に推していたステープ副首相寄りのニポン首相秘書官(民主党副党首)は抗議、首相に辞表を叩き出し、辞任した。

ニュースレタ ー: 2009年10月

M&A月報No.148 「アピシット首相まさに正念場」 迷走している次期警察庁長官人事であるが、アピシット首相は何を考えているのか、今月末で退官が決まっている現長官に、閑職に押しやる辞令を手渡した。

ニュースレタ ー: 2009年9月

M&A月報No.147 「王妃誕生日とアピシット首相正念場」 赤組のタクシン支持者は、タクシン氏の発想か、国王に彼の恩赦を嘆願する署名活動を展開し、500万人もの署名を集めたと公表した。これを500箱に収め、国王の秘書官に手渡した。

ニュースレタ ー: 2009年7月

M&A月報No.145 「政局安定と新型インフルエンザの脅威」 今月最も大きく新聞で報じられたニュースはマイケル・ジャクソンの悲報であった。無論写真付きで第一面全て、加えて3ページを割いての特集で、余りにも大きな扱いに驚かされる。 不明瞭な死因、薬の飲みすぎ、500億円の負債等々話題に事欠かぬ為であったからかも知れぬ。

ニュースレタ ー: 2009年6月

M&A月報No.144 「豚インフルエンザ騒動と始耕祭2552」 1ヶ月のお休みを頂き日本に帰っていた。鳥が問題と思っていたら、今度は豚騒ぎ。メキシコ発の新型インフルエンザのニュースの日々であった。

ニュースレタ ー: 2009年5月

M&A月報No.143 「騒乱再び」 また残念な事件が起こってしまった。今度は、タクシン支持派の赤組(反独裁民主同盟/UDD)による東南アジア諸国連合(ASEAN)とASEANプラス3首脳会議場への乱入と首都バンコクにおける軍との衝突である。

ニュースレタ ー: 2009年4月

M&A月報No.142 「アセアン・サミット開催と赤組集会活発化」 アセアン10ヶ国の首脳をタイのホアヒンに招き、アピシット首相はアセアン・サミットを主催した。 国王がこの首脳ご夫妻をホアヒンの宮殿にご招待され、王妃、シリントーン王女もご出席となり、その記念写真が新聞の一面に大きく掲載された。

ニュースレタ ー: 2009年3月

M&A月報No.141 「アピシット首相日本訪問」 やはり日本を最重要パートナー国と見ているのであろうか。諸外国の訪問に先立ち、アピシット首相は日本訪問を行った。 日本のアジア地域に対する援助申し出でに対し、タイはどういった手伝いが出来るか、また日本は何を享受出来るのか。

ニュースレタ ー: 2009年2月

M&A月報No.140 「国王陛下2009年新年スピーチ」 2009年の新年を迎えるに際して、国王がお元気な姿をお見せ下さり、国民にメッセージを下さった。愛犬をご同伴で、大変お元気そうに拝見でき、嬉しく、又ご同慶の至りの幕開けとなった。