ニュースレタ ー: 2013年12月

M&A月報 No.190「国家分断、政治対立ふたたび」 就任以来、兄タクシン氏の帰国問題については、口を硬く閉ざして来たインラック首相であるが、遂に兄の軍門に下ったのか、健康不安が流布されているのが事実で、兄の健康に配慮したのか、恩赦法案を下院に上程、それが賛成多数で成立してしまった。

ニュースレタ ー: 2013年11月

M&A月報 No.189 恩赦法案で再び揺れるタイ王国 タイの著名な社会批評家が講演で、“タクシン元首相は、出そうで出ない苦しい便秘のよう。 いつかはその状況を抜け出せるが、タイを苦しめる困った存在だ“と語ったことが話題となっている。

ニュースレタ ー: 2013年10月

M&A月報 No.188 外交に注力するインラック首相と俄かに騒がれ始めたタイ洪水事情 現野党の民主党党首でインテリのアピシット氏(元首相)が、支持者を前に講演した中で、何を血迷ったか、“もし愚かな女性のコンテストがあれば、現首相に勝てる者はいないであろう”と述べた。

ニュースレタ ー: 2013年9月

M&A月報 No.187 国王陛下と王妃ご退院と恩赦法案で大荒れの国会開幕 お誕生日を間近に控え、乍ら、ご様子の報道が無い事を案じていた王妃様であるが、国王と同日に病院を退院され、ホアヒンのKLAI KANGWON宮殿に向かわられるお姿が新聞他で報道された。

ニュースレタ ー: 2013年8月

M&A月報 No.186 インラック政権、5回目の内閣改造     国王の前に整列し、緊張した面持ちの、インラック首相の 写真が新聞の一面を飾った。 2011年8月に発足したインラック政権だが、今回、第5回目の 内閣の大型改造を断行した。 今回は18のポストが入り代わり、11人の新閣僚が入閣した。

ニュースレタ ー: 2013年7月

M&A月報 No.185 白い仮面運動と政府による米の高値買付問題     2ヶ月近いお休みを頂き、神戸より戻って来たが、 バンコクの暑さにはやはり圧倒される。  久々に見るタイの新聞にはGUY FAWKESの白い仮面を被った 若者の映像が多く掲載されている。

ニュースレタ ー: 2013年6月

M&A月報 No.184 始耕祭と、らしくないインラック発言  肺炎で安静にされていたプミポン国王陛下のご病状が回復されたと 発表された。医師団は公務の一時的な見合わせを助言され、5日の 63回目の即位記念の式典には、皇太子殿下が代わりに出席された。

ニュースレタ ー: 2013年5月

M&A月報 No.183号 平和なタイランドの4月   毎年、この時期から急激にタイは暑くなるが、同時にタクシン氏の 話題でも熱くなるのが近年恒例となってきている。 エイプリルプールには、タクシン死亡説が流れたが、同氏はTwitter で「自分は生きている。

ニュースレタ ー: 2013年4月

M&A月報 No.182号 巨星堕つ   何時の日にかは来る事を覚悟はしていたが、3月8日早朝、 悲報が届けられた。  即ち、1997年7月1日にM&A社を立ち上げた時の最大の支援者で、 筆頭株主になって下さり、三男カニット氏並びにその妻のアマラ氏を 経営者として送り込んで下さった、元副首相、内務大臣、警察庁長官等を 歴任された、大恩人のPOW SARASIN氏が、3月7日にご逝去されたとの 知らせであった。

ニュースレタ ー: 2013年3月

M&A月報 No.181号 比較的静かな如月のタイランド バンコク知事選の真っ只中で、日本であれば喧騒の中と言う事になるのであろうが、当地は例によって、街頭演説も無く、宣伝カーも走らず、静かな状態が続いている。与党の推す若い候補と野党民主党の推す、前候補との一騎打ちの様相を呈している(2月末現在)。